きむら歯科クリニック

きむら歯科クリニック

03-6432-1739

滅菌消毒

感染予防対策についてSterilization

院内の写真

きむら歯科クリニックでは、患者さまの安全を守る為、感染予防対策を徹底しています。
主に下記のような取り組みを行っております。

  • 可能な限り、ディスポーザブル(使い捨てのもの)を使用する
  • お口の中に使用するすべての器具は毎回滅菌する
    ※タービン(歯を削る道具)や削るバー1本など
  • 消毒には、薬液と超音波を用いる
  • クラスB滅菌器による滅菌を行う
  • 滅菌物は使用直前に開封する

具体的にはどのように対策しているの?

器具器材の素材や用途によって、薬液による消毒、もしくは高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)による滅菌を分けて行っています。
また、可能なものはできるだけディスポーザブル(使い捨て)にしています。
当然ですが、グローブやお顔に使うタオルは患者様ごとに交換しています。

当クリニックの滅菌の流れをご説明します。

  • 1.軽く水洗し、その後付着した血液や体液を落とします。
  • 2.血液はタンパク質が主成分なので、タンパク質の除去効果の高い薬剤につけます。
  • 3.薬液に入れ、超音波洗浄機にて洗浄します。
    ※耐熱性のあるものは高圧蒸気滅菌器にかけ、滅菌を行います。

当クリニック導入の高圧蒸気滅菌器は世界で最も厳しいヨーロッパ基準のクラスB滅菌器を使用しています。
タービン等(歯を削る器具)や削るためのバー1本もすべて毎回高圧蒸気滅菌されています。

滅菌された器具は袋に密閉された状態で保管され、使用の際に開封されます。

耐熱性のある器具の滅菌工程

  • 1.流水で洗浄
  • 2.予備洗浄(タンパク質除去の薬剤にて血液・体液の除去)
  • 3.一次洗浄(消毒薬に入れ超音波洗浄器にて洗浄)
  • 4.滅菌処理(個別に袋詰めし、クラスB滅菌器にて高圧蒸気滅菌)
  • 5.保存(滅菌された袋のまま保管)
  • 6.使用時直前に開封し使用

高圧蒸気滅菌器(クラスB)とは?

クラスB滅菌器

高圧蒸気滅菌とは、真空の状態と蒸気で高圧力をかけた状態を何度も繰り返すことで、すべての細菌やウイルスを死滅させるシステムです。
それを自動で行ってくれるのが高圧蒸気滅菌器となり、通称オートクレーブと呼ばれています。

高圧蒸気滅菌器は滅菌能力の高さからB、S、Nの3クラスに分かれています。
一般的な歯科医院で使用されているのはクラスN。
当院では最高級のクラスBを導入しています。

クラスBの高圧蒸気滅菌器は、ヨーロッパの規格で「あらゆる細菌を確実に死滅させられる」と認められています。患者さんに安心と安全をお届けします。